公式HP限定特典 6つの特典をもらおう!!

Sightseeing観光案内

[豊かな自然や文化を楽しむ♪]

室生寺
車より約60分
  • 室生寺
  • 室生寺
  • 室生寺
  • 室生寺

奈良時代末、東宮(のちの桓武帝)の病気平癒を願った興福寺の僧賢憬(賢璟) が創建。現在の寺観を整えたのは賢憬の弟子修円といわれる。その後、一時衰退したが、江戸時代元禄年間に5代将軍徳川綱吉の生母桂昌院の庇護を受け再興された。このころから、同じ真言宗で女人禁制だった高野山金剛峰寺に対し、室生寺は女人の参詣を許可。そのため女人高野と呼ばれ、女性の信仰を集めた。境内には柿葺きの金堂(国宝)や弥勒堂(重要文化財)、檜皮葺きの本堂(国宝)などが散在。金堂には、本尊釈迦如来立像(国宝)をはじめ、十一面観音立像(国宝)など木造の貞観仏5体が安置されている。このほか、弥勒堂の釈迦如来坐像(国宝)などの優れた貞観仏が伝わる。屋外に立つ古塔としてはわが国最小の五重塔(国宝)(高さ16m)は、1998年の台風で大きく損壊したが、現在は修復されている。塔の左の道を登ると御影堂(重要文化財)のある奥の院がある。シャクナゲやモミジが境内を美しく彩ることでも有名。

拝観時間
4月1日~11月30日 8:30~17:00
12月1日~3月31日 9:00~16:00
拝観料
大人600円・子供400円
【団体(30名以上)】 大人500円 子供300円
住所
奈良県宇陀市室生78
お問い合わせ
0745-93-2003(室生寺)

拡大・縮小は詳細地図内「+」「-」の目盛りで可能です。ドラッグで移動ができます。

三重最大級温泉

別荘気分を堪能できるコテージ

  • 季節のおすすめイベントバナー
  • いがぶら
  • なばり観光ガイド
  • 観光三重

TEL:0595-52-5586

宿泊予約はこちら

公式HP限定特典 6つの特典をもらおう!!

English

メニューを閉じる