公式HP限定特典 6つの特典をもらおう!!

Sightseeing観光案内

[豊かな自然や文化を楽しむ♪]

長谷寺

長谷寺

車より約60分

朱鳥元(686)年、僧道明上人が天武天皇のために銅板法華説相図(国宝)を西の岡に安置したことが始まりという。平安時代には貴族、江戸時代には徳川家の崇敬を集め帰依を受けて栄えた。舞台造の本堂(国宝)は徳川家光による再建。寺宝類としては、本尊十一面観音像をはじめ、約千点にも及ぶ文化財を所蔵する。仁王門を抜け、本堂へと続く登廊(重要文化財)は399段に渡る石段になっており、天井には楕円形の灯籠が吊られている。登廊は4月下旬から5月上旬に見頃をむかえるボタンに彩られる。西国三十三所第8番札所となっている。

住所
奈良県桜井市初瀬731-1

拡大・縮小は詳細地図内「+」「-」の目盛りで可能です。ドラッグで移動ができます。

三重最大級温泉

別荘気分を堪能できるコテージ

  • 季節のおすすめイベントバナー
  • いがぶら
  • なばり観光ガイド
  • 観光三重

TEL:0595-52-5586

宿泊予約はこちら

公式HP限定特典 6つの特典をもらおう!!

English

メニューを閉じる